2019年06月01日

環境ベテランズファーム EVF会員ニュース#148-1 2019年6月1日号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
環境ベテランズファーム EVF会員ニュース
#148−1 令和元年(2019年)6月1日号
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今月の目次
1.環闘言 
2.6月27日EVFセミナーのご案内 (講師:布施 玄祥氏) 
3.今月のコラム

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1.環闘言: いくつになっても求められるもの
理事/事務局長 山田和彦 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 性同一性障害という問題は、ほんの数年前までは、広く一般の人々まで巻き込むものとは思われていませんでした。もちろん、オネエキャラのタレントとか、性的に錯綜したキャラクターの人達が、テレビや映画の世界で一定の地位を築いていましたので、そういう世界があることはほとんどの人が知っていたと思います。しかし、多くの人はその存在は極めて特殊なものと考えていたのではなかろうかと思います。
 2年か3年前のこと、ある席で、「某大手代理店がそういった意識のある人の割合を、何年も前から調査しているが、従来5%ぐらいと出ていたものが、直近の調査では7%と出たらしい。」と紹介したところ、「それは0.7%の間違いでないのか」とか、「ではこの場にいる我々の中にも1人ぐらいいるということか」などと、とてもその調査結果は信じられないという反応が支配的でした。
 確かに、その場にいた面々は70代と60代が半々を占め、50代以下はゼロという構成でしたから、古い性意識にとらわれた集団だったのかもしれません。しかし、その時点では、それほど日本人の平均的な意識から、乖離していたわけでもなかったように思います。
 ところがその後、LGBT(Lesbian、Gay、Bisexual、Transgender)という言葉が広がり始め、自分がLGBTであることをカミングアウトする人が現れ始めました。これまでとの違いは、学者や普通の社会人など、それまでの世界とは異なる領域からカミングアウトが現れ始めたことです。
 それからは、あれよあれよという間にLGBTという言葉は世の中に浸透していきました。そして今日では、地方自治体による個別の対応には限界があるとして、結婚や相続など法的な対応を国に求める動きとなっています。
 人々の考え方、価値観は、そう簡単には変わらないようでいて、でも急激なスピードで変化する場合もあるようです。この性に関する問題はそのケースに当たるといえましょう。
 EVFのメンバーは“環境ベテランズファーム”というように、確かに年齢の高い人たちが多い。老年に分類されるような年齢ゾーンに入ると、昔形成した考え方、価値観は石のように固く、新しい変化を受容しにくくなりがちです。かく言う私も、新しい事柄や情報への接近の低下とともに、変化に対する柔軟性の低下をことあるごとに思い知らされています。
 ただ、それでも社会は人々の活動により動き続けているのであり、私たちベテランも生きている限りその構成員であり続けます。
 人々の考え方、価値観は変化し続けています。我々も年を取ったからと言って、同じところにとどまり続けるわけにはいきません。若い人たちと同じスピードで走ることはできないかもしれませんが、遅いながらも動き続けなければならない、というのが老人に課せられたタスクなのかもしれません。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2. 6月27日EVFセミナーのご案内 (講師:布施 玄祥氏) 
    副理事長 野口 郷司 (セミナー担当)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

演 題 : 「中国一帯一路の現実は?」〜権力集中何のため〜
講  師 : 布施 玄祥 様  北京在住石油コンサルタント(拓殖大学客員教授) 
日 時 : 2019年6月27日(木) 15:30〜17:30
場 所 : NPO法人新現役ネット会議室
〒108-0014港区芝5-31-10サンシャインビル(JR田町駅前三田口正面)9F、Tel 03-5730-0161
 https://www.shingeneki.com/about/office
参加費 :個人賛助会員・ネット会員 1,000円、一般 1,500円(当日受付でお支払いください)
定員   :45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費3,000円程度)を予定しております。
セミナーの申込み : https://www.evfjp.org/postmail_semina/

(セミナーの概要)
講師は北京在住石油エコノミストの布施玄祥氏。
中米貿易戦争、一帯一路と途上国の債務地獄?
中国の常識は世界の非常識
新たな人口論(何億人社会の経営は?)
エネルギーの行方
など大国中国の最新情勢をふまえた経済・文化・エネルギー・環境の現実についてご講演いただきます。

講師略歴 
1949 奈良県生まれ、小中高と大阪  1971学生時代訪中
1973 出光興産入社 (神戸大経済卒・中国経済ゼミ) 
主に海外(原油輸入・事業計画)と販売業務 担当
1983-87  出光・北京事務所勤務
1993-96  出光・香港勤務
1996-98  メキシコ石油輸入協議会出向
2000-2007 大連出光中聯石油 勤務
2007-2009 経産省エネ庁シンクタンク(財)石油産業活性化センター(現(財)石油エネルギー技術センター)出向
2009末 退職 北京に在住(石油エコノミストとして研究調査、経営コンサル、講座講師など)
2016 拓殖大学 「世界の中の日本」講座 客員教授 就任
〜2019 各所での講演、調査支援など多数
2019全国石油商業組合連合会上海モータ−ショウ視察にアドバイサー招請参加
   石油化学工業協会講演
*趣味:中華グルメ(ラテン&シーフードも)、車評論

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3.今月のコラム 大学とメディア この30年間の風景史
   ネット会員 千田利史
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 筆者は、広告会社の勤務を経て、メディア領域のコンサルタントとして独立した。今も声ひそやかに専門性を標榜する身なのだが、足掛けで30年くらい(断続的にではあるが)、仕事の傍ら、いくつかの大学で教鞭をとってきている。
 
 平成はじめの頃、学生相手の講義の場で、「普段、新聞を全然読まない人はいるか?」と尋ねると、半数近くの学生に挙手され、いささか驚いた記憶がある。そこから苦労して授業を展開したりもしたのだが、長くなるので割愛しよう。ただその時でも、若者の半分くらいは、新聞購読の習慣があった。
 それから各種の情報端末の怒涛のように普及した。同じ質問をしても、手を挙げる学生がほとんどいなくなったのが、ちょうど平成の折り返しの頃ではないかと思う。
 電車の中で、スマホ画面を孤独に凝視する人々が増え、新聞や雑誌など広げようものなら、迷惑そうな視線を向けられるようになった。

平成30年間での広告費の変化(電通発表資料)
1988年億円(対前年比) 2018年億円(対前年比)
新聞広告費 11,267 (114.0%)   4,784 (92.9%)
テレビ広告費 13,161 (112.1%) 19,123 (98.2%)
ニューメディア広告費/インターネット広告費         78 (109.9%) 17,589(116.5%)
(参考)全国書店数の推移『出版ニュース社統計』に拠る 22,296店(1999年) 12,026店(2018年)

 ちなみに、1988年と2018 年の新聞広告費を比べてみると、ざっと4割程度にまで減少してしまったことがわかる。新聞社の経営は、広告収益にほぼ半分を支られている。だから産業セクターとしての衰退は歴然としている。同じ比較をすることは誤解を招きかねないが、テレビはこの30年で、産業規模が(ここでは広告収入だけを見ているが)増えている(ただし伸び率は鈍っている)。
 1988年頃には「ニューメディア広告費」という概念があって、ケーブルテレビの広告費などが、わずかながらカウントされていた。現在では、「インターネット広告費」と総称される費目が注目され、堂々と、テレビ広告費を総額で追い抜こうとしている。
 
 さて読者諸氏は、今の学生に「テレビを普段見ない人はいるか?」と問いかけると、どのくらいの割合で手が上がると想像されるだろう。 
 実は半分近い。
 この問いかけ方は、厳密には、テレビ受像機視聴(番組をテレビモニターを通じて視るスタイル)を訪ねているわけだ。今の若者たち(だけではなく、社会の成員はすべからく)は、SNS や動画配信サイト、ニュースアグリゲーションサイトなどを通じ、話題の番組を確認したり、関連するコメントに接したりする。その傾向は強まっている。
 よく言われるようにGAFA(Google、Amazon、Facebook、Appleの総称)的なプラットフォーマーの影響は計り知れない。加えて、自ら調べあげたり、たくさんの情報から考えて選別したり、というリテラシーは希薄で、自分に心地よい情報への過度な摂取態度(バイアス)が広がっていると思う。
 
 情報へのアクセス方法は変化し、拡大を果たした一方、情報を判断するための経験は、ほとんど蓄積されてこなかったのではないか。情報の氾濫は確かだが、それを消化するための経験知は、決定的に不足している気がする。やはり危惧すべき状況なのだろう−−−− 何ができるか、自分なりに考えてみたい。心密かにそう思っているところではあるのだが。

(執筆者千田利史氏は、電通勤務を経て、コンサルタントとして独立。現在も、いくつかの大学で「広告論」や「メディア論」の教鞭をとられています。)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
EVF全般に対するお問い合わせ、ご意見のある方、配信の中止を希望される方は下記URLをクリックしてその旨を記入し送信お願いします。http://www.evfjp.org/postmail_goiken/index.html

EVFのホームページアドレスはhttp://www.evfjp.org/ です。
 EVFメール通信編集長 山田和彦 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
posted by EVF会員ニュース at 00:00| 会員ニュース

2019年05月15日

環境ベテランズファーム EVF会員ニュース#147-2 2019年5月15日号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
環境ベテランズファーム EVF会員ニュース
#147−2 2019年5月15日号
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今月の目次
1.4月25日 EVFセミナー(講師:轟木 光 氏)の報告
2.プロジェクト報告
 ころころプロジェクト 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1.4月25日 EVFセミナー(講師:轟木 光 氏)の報告 
理事  冨野 文夫  
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

演 題 : 「2030年自動車産業の競争軸を考える」〜MaaS、EV、自動運転〜
*MaaSとはMobility as a serviceの略で日本語では「サービスとしての移動」と訳されます。個々人の移動を最適化するために様々な移動手段を活用し、支払い手段の一元化を含めたパッケージサービスにより利用者の利便性を高めることを言います。

講  師 : 轟木 光 様 アビームコンサルティング株式会社シニアマネージャー 
日 時 : 2019年4月25日(木) 15:30〜17:30
場 所 : NPO法人新現役ネット会議室
news201905151.jpg
1.講師略歴:
1999年、九州工業大学大学院設計生産工学専攻 修了
同年、 日産自動車入社
    主としてR&Dにて開発及び商品投入戦略に従事、ドイツに駐在
2017年、アビームコンサルティング株式会社入社
    日本の自動車産業を中心に戦略策定、調査などコンサルティング活動に従事
現在に至る
(著書)「EV・自動運転を超えて”日本流”で勝つ‐2030年新たな競争軸とは‐」
    日経BP社(2018/6/18発売)
news201905152.jpg
2.講演概要:
世界は効率化の追求だけでなく、持続性や循環型経済を意識した構想へ変化し、デジタル化やスマートフォンの普及によって顧客の声が顕在化し、顧客は100%満足できるモノ・サービス探すようになった。こうした社会の変化はモビリティにも到来している。
自動車産業は、100年に一度の変化期に直面している。その変化を促すのが、パワートレインの電動化(環境)、自動運転(安全)、シェアリングエコノミー及びコネクテッド(顧客満足)である。この4つの内何が2030年の競争軸となるのか?下記講演概要に記述した3つの視点からご講演をいただいた。
(1)何故、EV拡大が必要なのか?+燃料電池EV(少しだけ)
・環境問題を背景に各国でCO2規制、ICE(ガソリン車)台数比率規制、ゼロエミッション車台数設定が実施される。
・EV拡大施策は、政府・地方自治体による補助金など優遇策がメインだが限界がある。
・規制対応にはEVは10〜15%の販売シェアが必要。そのためにはバッテリーへの莫大な投資が必要だが回収の見通しが立たない。また、課題も多い。
(2)完全自動運転後の世界は?
 ・自動運転技術とはドライバーをロボットに置き換えることである。さらにAI(人工知能)も必要。
・技術開発に関しては、人や他車の動き、天候などの再現性とドイツアウトバーンや日本の多信号などの極限環境の側面から今までのやり方での開発は非常に難しい。
・モノによる開発からバーチャル開発へ移行。試作車をやめてバーチャル認証になる。
・マスのモノづくりが終わり新しいモノづくりの始まりの予兆。
(3)モビリティシェアリングは4つの変化(電動化・自動運転・シェアリングエコノミー・コネクテッド)の要+MaaS
・モビリティシェアリングサービスにはカーシェアリングサービスとライドシェアリングサービスの2つのタイプが存在する。
   -カーシェアリングは自動車OEM(ダイムラー/BMWなど)の参入後着実に成長。
   -ライドシェアリングはUber及びDiDiなどにより爆発的に普及。
・モビリティシェアリングサービスが変化の要で、それを通してEVの急速な拡大や自動運転技術導入がされていき、コネクテッド技術も拡大する。
・この姿がMobility as Service (MaaS)である。
・MaaSは社会最適のための手段で、2014年にフィンランドで誕生。移動/輸送というサービスを統合し、情報・予約・決済を統合する「あらゆる人々の移動/輸送ニーズにこたえるサービス」また、これには周辺サービスが含まれる。
・未来の自動車産業は、航空産業のように車両の供給会社はグローバルで数社に集約され、部品供給はグローバルサプライヤー、エンドユーザーの窓口はMaaSプロバイダーと極めて少数の企業となる可能性がある。
news201905153.jpg
◎質疑応答も含め、詳細につきましては下記HPに掲載しております。
  https://www.evfjp.org/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2.プロジェクト報告
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ころころプロジェクト報告   理事 大山 敏雄

東北被災地に海岸防災林を再興しましょう!! 
  
1.現在の里親数と苗木本数(5月8日現在)        ※ころころプロジェクト−2 植樹会実績
ころころプロジェクト 里親数(名) 育苗数(本) 植樹時期 どんぐり植え付け時期
  ‐2 ※ 3名参加
(5名中) 8本
(10本中) 2018年10月5日 2016年1月前後
‐3 16 38 2019年6月22日〜23日 2017年1月前後
‐4 33 70 2020年初夏 2018年1月前後
プロジェクト総計 : 実質41名(延べ54名) 118本
 
2.今月の特記事項
◇各プロジェクト里親の皆様へは、苗木の生育状況報告と6月実施予定の植樹会への参加の可否のご連絡を依頼しました。
  ・現在まで29名の里親の方々から近況報告と参加の可否のご連絡がありました。
news201905154.png
KnkY家の元気なドングリちゃん。
 一昨年の秋に枯れたと思っていた残り1本が鉢の中で根が溢れて根伐りを繰り返したら盆栽の様になり、木の下部は小指くらい太く、背丈は20cmくらいに 育っています。

◇5月9日のプロジェクト事務局打合せで下記3点を決めました。
1)第2回植樹会は、6月22日(土)〜23日(日)に南三陸町泊浜植樹地(上方右側看板の写真参照)で行う。
2) 旅程・スケジュール、参加の再確認などの植樹会要領・最終案は、5月中に、関係の皆様にお知らせする。
今回・育苗中の里親の皆様への「苗の送り方」、「苗の現地到着日(6/20)」などのお知らせは、6/20の2週間前を目処に配信する。
3)秋の泊浜植樹地下草刈りの日程は、8月下旬と仮置きし具体案を検討する。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
5月の「セミナー」に参加される皆様へ
今月のセミナーは下記の通り23日木曜日15::30よりJR田町駅前サンシャインビル9Fで開催されます。お間違いのないようご参集願います。また、開催日まで約1週間ありますが参加をご検討の皆様は急ぎお申し込み下さい。お申し込みは下記のURLをクリックして必要事項を記入し送信をお願いします。
セミナーの申込み : https://www.evfjp.org/postmail_semina/

演 題 : 人工知能の光と影
講  師 : 室山 哲也 様  元NHK解説主幹、日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、室山プロダクション代表 
日 時 : 2019年5月23日(木) 15:30〜17:30
場 所 : NPO法人新現役ネット会議室
 〒108-0014 港区芝5-31-10サンシャインビル(JR田町三田口駅前)9F 
Tel.03-5730-0161 https://www.shingeneki.com/about/office
参加費 :個人賛助会員・ネット会員 1,000円、一般 1,500円(当日受付でお支払いください)
定員   :45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費3,000円程度)を予定しております。

5月「見学会」参加希望の皆様へ
「日産自動車テクニカルセンター」 はお陰様で定員となりました。 申し込みを締め切らせていただきます。
尚、キャンセル待ちでご要望の方は、ご希望に沿えない可能性もあることをご理解の上、下記URLより申込みをお願いいたします。
キャンセルが発生しましたら事務局より連絡させていただきます。
見学会申込み先: http://www.evfjp.org/postmail_event/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
EVF全般に対するお問い合わせ、ご意見のある方、配信の中止を希望される方は下記URLをクリックしてその旨を記入し送信お願いします。https://www.evfjp.org/postmail_goiken/

EVFのホームページアドレスはhttps://www.evfjp.org/ です。
 EVFメール通信編集長 山田和彦 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
posted by EVF会員ニュース at 00:00| 会員ニュース

2019年05月01日

環境ベテランズファーム EVF会員ニュース147-1 令和元年(2019年)5月1日号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
環境ベテランズファーム EVF会員ニュース
#147−1 令和元年(2019年)5月1日号
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今月の目次
1.環闘言 
2. 5月23日EVFセミナーのご案内 (講師:室山 哲也氏) 
3.EVF見学会 
4.今月のコラム

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1.環闘言: 令和元年です。
正会員 津田俊夫
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

新しい元号になった。「令和」の令はすぐれたものの意であるという。
令は法令という印象がある。新憲法で元号の法的根拠がなくなり、元号が絶えるので昭和54年に元号法を制定したという。法があれば、新しい元号も国民にすぐなじむというのが日本らしいと思う。
プラント建設会社を退職後20年ぶりに会った後輩から話を聞く機会があった。我々はユーテリティー供給とか排ガス・排水処理等のプラントオフサイトを担当する部門にいた。ライセンサーから設計書がもらえるオンサイトとは違って、ローカルに合わせた独自の設計が求められた。
彼は国際コンソーシアムが受注した北の国のガスプラントの仕事をしたという。排水処理の設計にあたって放流基準を中央政府と折衝していたがめっぽう厳しい基準を要求された。開発前の時と同じ水質にして排出せよという具合で、国際基準のなかで最も厳しいものを準備していったのに困った事態だった。管轄するこの地方の女性担当官などがとりなしてくれて、受け入れられる数値を定めて仕事を進めたという。
後になって彼は、この国では基準値を多少超えても、罰金を払えば違法をあまり問題にしない、むしろ罰金が払われることに期待があるのではないかと思ったという。法律違反ではなくて、罰金を払うのも法の内であるという考え方なのだろうか。
昨年の全米オープンでフィル・ミケルソンが動いているボールを打ってプレーを続けて話題になったことを思いだす。本人は罰打のハンデを受けるだけのこととして罪の意識はなかったようだがあまりの反響に謝罪をした。
日本人は法を守るに真面目である。違反は何時までも不名誉として残る。しかしこのことの反動なのか隠蔽や改竄が多いような気がする。米国では、悪質で非難されるべき不法行為には懲罰的損害賠償がある。隠ぺいや改竄は、かの国では危うい行為ではないだろうか。
法律などはその国の国民性と歴史を踏まえたところで出来あがってきているものなので、自国と他国の法律を局所的に比較してどちらが正しいとか言うのは適当ではないだろう。
老人の会に出るようになったが、規制に縛られてきたと思われる年寄りが自分はどうしたいというものがないのに、規則に従っていないことだけをあげつらって前向きの議論をしない場面をみることがある。
日本人の順法の心がけは、日本人と作られる製品の信頼性の高さのもとになっており誇るべきものであるが、法や規則に書いてあるからと従うだけでなく法のこころを理解することも大事でなかろうか。それらを知ることによって許せることもあるだろうし、海外の活動でその国の法の成り立ちを知っていれば相手との折り合い点を見つけることができるのではないか。
令和がお互に和の心をもって話し合いの出来る時代になることを期待している。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2. 5月23日EVFセミナーのご案内 (講師:室山 哲也氏) 
    理事/事務局長 山田和彦 (セミナー担当)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

演 題 : 人工知能の光と影
講  師 : 室山 哲也 様  元NHK解説主幹、日本科学技術ジャーナリスト会議副会長、室山プロダクション代表 
日 時 : 2019年5月23日(木) 15:30〜17:30
場 所 : NPO法人新現役ネット会議室
〒108-0014港区芝5-31-10サンシャインビル(JR田町三田口駅前)9F、Tel 03-5730-0161
 https://www.shingeneki.com/about/office
参加費 :個人賛助会員・ネット会員 1,000円、一般 1,500円(当日受付でお支払いください)
定員   :45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費3,000円程度)を予定しております。
セミナーの申込み : http://www.evfjp.org/postmail_semina/

(セミナーの概要)
人工知能は、急速に人間の脳に肉薄し、やがて独自の意識を持ち、人類を支配するのではないかと心配する科学者まで現れています。今後、世界規模で、医療、経済、教育、社会に大きな影響を及ぼす人工知能の現状と課題について考えます。
今回ご講演いただく室山様は、NHKの科学番組のディレクター、プロデューサーとして長年活躍され、その後解説主幹としても科学技術や生命・脳科学、環境、宇宙工学などに携わってこられた方です。
201905011.jpg
201905012.jpg 
201905013.jpg

講師略歴 
・1976年NHK入局。
・「ウルトラアイ」などの科学番組ディレクター、「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」のチーフプロデューサー、解説主幹を経て、2018年定年。
・科学技術、生命・脳科学、環境、宇宙工学などを中心に論説を行い、子供向け科学番組「科学大好き土よう塾」(教育テレビ)の塾長として科学教育にも尽力した。
・モンテカルロ国際映像祭金獅子賞・放送文化基金賞・上海国際映像祭撮影賞・科学技術映像祭科学技術長官賞・橋田壽賀子賞ほか多数受賞。
・日本科学技術ジャーナリスト会議副会長。大正大学客員教授。東京都市大学特別教授。
201905014.jpg

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3.5月23日 EVF見学会 「日産自動車テクニカルセンター」 のご案内   
副理事長 深井 吉男(見学会担当)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

<日産自動車テクニカルセンター> 
機密上なかなか見られない日産自動車テクニカルセンター内のデザイン棟と実験設備が見学できます。
2019050151.jpg

実施日:5月23日(木)
訪問先:日産自動車テクニカルセンター
集 合:小田急線愛甲石田駅 9:15(日産自動車様手配のバスに乗ります)
時刻 場所
9:15 愛甲石田駅集合しバス停へ移動
9:35 日産テクニカルセンター到着
9:40〜9:55 会議室にて事業所概要のご説明
9:55〜11:00 実験設備(風洞等)見学
11:00〜12:00 デザイン棟見学
12:05〜12:25 愛甲石田バス停へ移動・解散

参加費:500円(EVFセミナー参加有無にかかわらず一律500円とさせていただきます)
申し込み締め切り:5月16日(木)
人 数:25名になり次第締め切らせていただきます。

注)見学先セキュリティの観点より同業他社現職の方の参加はご遠慮いただくようお願いいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お申し込みは下記のURLをクリックして必要事項を記入し送信をお願いします。
見学会申込み先:  http://www.evfjp.org/postmail_event/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※この開催案内と同じ内容のご案内チラシを添付してございます。ご覧下さい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
4.今月のコラム 「理系・文系ハイブリッド型人材のすすめ 」 
個人賛助会員 江勝弘
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

初めまして、江(こう)と申します。珍しい苗字ですが長崎県の出身です。私は1978年に日立製作所に入社し、コンピュータ営業を担当してきました。大学では電気工学を学んだので、今でいう理系学生の「文系就職」の先駆者だったと思います。実は、高校生の時にソニー創始者のひとりである井深大さんの「理系・文系ハイブリッド型人材のすすめ」という講演を聴いて深く感動し、自分でも実践しようと考えたからです。
 「文系就職」を選んだ結果はどうだったかと言うと、企業に入れば文系・理系は、ほとんど関係なかったというのが実感です。強いて言えば、物事を数値で分かりやすく説明できる理系の能力は、営業の現場でも自らを助けてくれたかもしれません。
 昨年、経団連から日本としてソサエティ5.0の実現を目指し、社会に貢献する学生が育つために、「理系の学生は歴史と哲学を、文系の学生は数学を、それぞれもっと勉強すべし」という提言がなされました。これこそまさに理系・文系ハイブリッド型人材育成のすすめです。
来るべきAI(人工知能)全盛時代には、どこまでが倫理的に許されるかという文系的検証が必要になってきます。一方、文系的仕事にもビッグデータ解析ができるデータサイエンティストが必要になりつつあります。このように将来は、理系・文系ハイブリッド型人材が必要とされるのではないでしょうか?そして資源のない我が国が一流国を続けるために最も大事なことは、教育をおいて他に何もないはずです。「理系・文系の垣根を越えて、真に社会に役立つことを自主的に実行できるリーダ人材はどうやったら育つのか?」これが最近、私が考えていることです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
EVF全般に対するお問い合わせ、ご意見のある方、配信の中止を希望される方は下記URLをクリックしてその旨を記入し送信お願いします。http://www.evfjp.org/postmail_goiken/index.html

EVFのホームページアドレスはhttp://www.evfjp.org/ です。
 EVFメール通信編集長 山田和彦 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
posted by EVF会員ニュース at 00:00| 会員ニュース